• 2016.10.28
  • 審査
  • やばい親バレ!モビット審査の流れとは はコメントを受け付けていません。

やばい親バレ!モビット審査の流れとは

モビットはこちら

親バレのリスクのある人

そもそも親バレを気にする人は下記のような人でしょう。

1 学生
2 同居している男女
3 別居している男女

親バレという懸念材料

では、どんな不安があるのでしょうか。

1 郵便物が自宅に届く
2 電話が自宅にかかってくる
3 職場又は学校に電話がかかってくる
4 自宅に取り立てにくる
5 勤務先又は学校に取り立てにくる

5については法律で禁じられており、現在では闇金のような貸出を行っているような業者ではない限り行いません。

次に、4ですが自宅に来ることは現在では考えられません。
大手の場合、電話オペレーターが督促を行っており事務的な形で連絡が入るだけであり自宅に来るという業者いません。

1、2、3が基本的にバレるという状況を生むことなります。
これらについて、しっかりと考えてみましょう。

 

借りることができる人とできない人

できない人

1 20歳未満
2 無職又はバイトを行っていない人
3 延滞や自己破産などでブラックリスト入りしている人

できる人

1 20歳以上
2 バイトなどを含めて毎月定期的な収入がある人

借りれる金額は年収の3分の1までとなっている。
総量規制という法律が適用をされており、基本的にその枠内での貸出を行っています。

借りれる時に有利な条件

1 勤務先がある人
2 勤続年数を長く在職している人
3 社会保険や組合保険に加入をしている(国民保険だと若干不利)
4 クレジットカード利用歴がある人

4については少し疑問に思う方もいるでしょう。
クレジットカードも消費者金融と同じく、信用審査があります。

よって、事故を過去に起こしておらずクレジットカードを順調に利用をしているという過去歴はすごく評価されるのです。
返済が滞りなく行っているということになります。

 

必要書類と必要なもの

モビットでの借入という場合を指しています。
各社によって微妙に取扱が違うのでご注意してください。

1 三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行の普通口座
2 社会保険、組合保険、国民保険の保険証

 

バレる最大の原因

郵便物によるものが大きいです。
電話では今はスマホ時代です。

よって、スマホにかかってくるものについては問題ないでしょう。

自宅への電話については、モビットの場合申し込み時に緊急時又は督促の電話番号は全部自分のスマホへかけてほしいと言えば大丈夫です。
勤務先や学校への電話は、基本的にしないことになっています。

最近はコンプライアンスが厳しく、厳しい取り立ては禁止されています。

 

バレない申し込みはWEB完結の申し込み

モビットではネットでの申込みが可能です。
そこで、ネットで行えば基本的に下記のような手続きを行えば自己完結できるように申し込みができます。

1 必要書類などを揃えて申込む

2 本人確認 → メールを選択をする(電話ではなく、メール)

3 勤務先への在籍確認 → ネットから申込むと在籍(社員証など)を写メしてメールする

4 カード有りか、カード無しを選ぶ
  カード有りなら、自動契約機で受け取る
  カード無しなら、問題はなし(郵便物なし)

5 利用明細がスマホに届くようにする

特に4と5でバレることがあります。
4は、カードを自宅に送るようにすること。

5は、利用明細を郵便で自宅へ送るようにすること。

モビットはこちら


コメントは利用できません。


ランキング