• 2017.01.06
  • 条件
  • モビット利用限度額から見る借りれる限界 はコメントを受け付けていません。

モビット利用限度額から見る借りれる限界

モビットはこちら

来店不要・郵送不要の完全web完結申込前提の借入限度額

最短30分のスピード審査
モビットが提示している限度額は1~800万円

初回限度額は平均30万程度のようです。
もちろん、所得等に応じて違いがあります。

では、どのような審査基準で判断しているのでしょうか。

 

収入面

定期的か、安定しているか。
会社員が有利で、借入件数が多いと不利。

他に正社員か、アルバイトか。

 

資産面

持ち家か、借家か

 

その他事項

支払い履歴
限度額が上がると金利が100万円を超えてくると下がる。
しかし、初期段階で50万円以上を借りるのは厳しい。

 

限度額を後日申請をする時の条件

限度額増額に必要な条件
期間が経過
契約後、複数回利用
返済の延滞なし

その他条件
別の審査
利用実績
総量規制に対する上限
他社借入枠の影響

 

各条件の詳細解説

利用期間内の増額要素
半年から1年借入がある
1度も返済の滞納がない
他社での借入を行っていない
収入が上がった

増額申請をした時にしない方がいいこと
即日融資希望
新規申し込み時より収入が減った
他社で借入を行った

 

もっとも重要な総量規制

総量規制とは、年収3分の1を上限とする借入枠
仮に300万円が年収だとしたら、上限は100万円。

この金額に達していたら借入増額枠はゼロだと言えます。

 

転職時の増額枠事例

50万から100万円へ

この時に、金利は18%から15%へ下がります。

 

増額申請時に必要な書類

現在の収入証明が必要になる。

限度額が減ることもある。

増額審査期間は、数日から一週間程度かかる。
限度額への考え方

モビットを含めてキャッシング会社は利用する際に一社に絞る必要があります。
複数社との取引は結果として、利用額増枠を考える時にできない公算が高くなります。

また、借入するなら銀行カードローンがいいかもしれません。
最終的にキャッシングなら有名な大手企業であるモビット、プロミス、アコムがもっともおすすめであると思います。

モビットはこちら


コメントは利用できません。


ランキング