7月3日 高校3年生でも消費者金融から借り入れ可能に

 
この記事を書いている人 - WRITER -

7月3日

記事では消費者金融について記述されています。
しかし、それが重要なのではなく働きはじめた18歳や詐欺商法に巻き込まれることだろう。

民法改正が可決

改正民法が13日に可決・成立し、成人年齢が平成34年4月から18歳に引き下げられることが決まった。消費トラブル対策とともに施行への課題となるのが、若者の“借金被害”をどう防ぐかだ。18歳になったばかりの高校3年生にカネを貸す業者が出てくることも予想されるが、今のところ消費者教育の充実以外の目立った対策はないという。
引用元 産経ニュース

問題は詐欺商法

一番の問題は、トラブルに巻き込まれることだ。
消費者金融は収入がないと借りることができない。
結局、強制執行が民法ではできない。

取り立てというのは厳しいのが現状で、刑事ではなく民事だからだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© お金を借りる方法 , 2018 All Rights Reserved.